本文へスキップ

○○○

お知らせtopics

入会受付中です


組合費改定に伴い、こちらの組合加入申込書をご使用ください。

新着情報news

2019年4月29日
3/26都労委命令続報 →本命令の記事が4/25付「週刊訪販ニュース」に掲載され、多数の方から問い合わせが入っておりますので、本頁に掲載いたします。なお、掲載にあたっては「週刊訪販ニュース」を発行する株式会社訪販ニュース社より著作権法に基づき、当HPに掲載する許諾を得ております。是非御一読ください。→ 訪販ニュース 記事5
2019年4月8日
3月26日東京都労働委員会が命令書を交付かねて会社と係争中のセクハラ事件をめぐる団体交渉及び組合役員への不利益取扱等について、3月26日東京都労働委員会から命令書が交付され、会社に対して@誠実に団交に応じることA委員長に対する懲戒処分及び配転命令について原状回復することBこれら不当労働行為を繰り返さない旨を明記した文書を交付することを命じました
詳しくは、組合声明文(→こちら)をご覧下さい。
また、本件関連記事はこちらにも掲載されました。「東京都労働委員会
(http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2019/03/26/05.html)
「弁護士ドットコム
(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190326-00009427-bengocom-soci)

「日経新聞電子版」
(https://r.nikkei.com/article/DGXMZO4292800026032019CR8000?s=3)

引き続き皆様方のご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。
2018年11月7日
名誉毀損裁判組合完全勝利!! →10/4東京高裁で下された名誉毀損裁判の判決について、その後会社からの上告はなされず、「会社の請求を棄却する」との東京高裁での判決が確定、組合が完全勝利しました。これまでの皆様方のご支援に深く感謝申し上げますとともに、今後も今回の勝利におごらず、正当な組合活動に専念する所存です。
2018年10月17日
10/4名誉毀損裁判判決続報 →本判決の記事が10/18付「週刊訪販ニュース」に掲載され、多数の方から問い合わせが入っておりますので、本頁に掲載いたします。なお、掲載にあたっては「週刊訪販ニュース」を発行する株式会社訪販ニュース社より著作権法に基づき、当HPに掲載する許諾を得ております。是非御一読ください。→ 訪販ニュース 記事4
2018年10月15日
被害者代理店が会社と加害者を被告として提訴した損害賠償請求訴訟の控訴審判決が、10月10日東京高裁で言い渡されました。この判決では、3回にわたって加害者が被害者代理店の体を触った事実が具体的な行動内容として以下の通り認定されました。@(被害者代理店に対して)声を掛けないままその腕に触れ注意を引きA何度か両肩に両手を置いて左右から押さえるようにして至近距離で話しかけB最後に両手で握手した。判決はAの行為は「相当とは言えない」と指摘しましたが、結論としては東京地裁と同様、被害者代理店の損害賠償請求、加害者の反訴請求のいずれもが棄却されました。我々は、一般人の感覚として、たとえ宴席等であったとしても、男性が必要もなく女性の体を上記@ABのような様態で3回も触った事実があればセクハラだと思いますので、今後も、被害者代理店の被害救済のための取り組みを支援する予定です。当ホームページをご覧の方々におかれましては、引き続きご支援を賜りたくよろしくお願いいたします。
2018年10月13日
10月4日東京高裁にて、会社が我々シャルレユニオンを訴えた名誉毀損裁判の控訴審判決が下され、東京地裁同様、会社の請求が棄却されました。東京高裁でも組合活動の正当性が認められ、組合が完全勝利しました。組合としては引き続き会社に対して職場環境の改善と組合員の処遇改善を求めてまいりますので、当ホームページをご覧の方におかれましては引き続きご支援を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。
2018年4月26日
3/29名誉毀損裁判判決続報 →本判決の記事が引き続き4/26付「週刊訪販ニュース」に掲載され、多数の方から問い合わせが入っておりますので、本頁に掲載いたします。なお、掲載にあたっては「週刊訪販ニュース」を発行する株式会社訪販ニュース社より著作権法に基づき、当HPに掲載する許諾を得ております。是非御一読ください。→ 訪販ニュース 記事3
2018年4月17日
3/29名誉毀損裁判判決続報 →本判決の記事が4/12に続き4/19付「週刊訪販ニュース」に掲載され、多数の方から問い合わせが入っておりますので、本頁に掲載いたします。なお、掲載にあたっては「週刊訪販ニュース」を発行する株式会社訪販ニュース社より著作権法に基づき、当HPに掲載する許諾を得ております。是非御一読ください。→ 訪販ニュース 記事2
2018年4月17日
被害者代理店が会社と加害者を被告として提訴した損害賠償請求訴訟の第1審判決が、4月12日、東京地裁で言い渡されました。この判決も、加害者が被害者代理店に対して、腕・背中・肩に触れるといった接触行為に及んだことは十分疑われるということを認めております。結論としては、被害者代理店の損害賠償請求、加害者の反訴請求のいずれも棄却されました。被害者代理店は控訴予定です。引き続き当ホームページをご覧の方々におかれましては、ご支援を賜りたくよろしくお願いいたします。
2018年4月9日
3/29名誉毀損裁判判決続報 →本判決の記事が4/12付「週刊訪販ニュース」に掲載され、多数の方から問い合わせが入っておりますので、本頁に掲載いたします。なお、掲載にあたっては「週刊訪販ニュース」を発行する株式会社訪販ニュース社より著作権法に基づき、当HPに掲載する許諾を得ております。是非御一読ください。→ 訪販ニュース 記事
2018年4月2日
3月29日東京地裁にて、会社がシャルレユニオンを訴えた名誉毀損裁判の判決が下され、会社の請求が棄却されました。組合活動の正当性が認められた完全勝利です。会社には判決を受け入れて、職場環境改善、組合員の処遇改善をするよう求めていきたいと存じますので、引き続き当ホームページをご覧の方々に置かれましては、ご支援を賜りたくよろしくお願い申しげます。なお、本件は弁護士ドットコムのネットニュースでも取り上げていただいてます。→https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180329-00007633-bengocom-soci
2018年3月19日
これまで当HPでお伝えしましたお通り、一昨年発生しましたセクハラ事件について現在, @会社が当ユニオンに対し、事実無根と称して名誉毀損で訴えた裁判 A被害者代理店が加害者と会社をセクハラで訴えた裁判 の2件の裁判が行われてますが、この度両裁判について、以下の日程で判決が下されることになりました. @名誉毀損裁判 → 3/29(木)13:00東京地裁527号法廷にて Aセクハラ被害裁判 → 4/12(木)13:10東京地裁606号法廷にて 当HPをご覧の方々にはそれぞれ判決が出次第、当HPにて結果をお伝えしますので、引き続きご支援を賜りたくよろしくお願い申し上げます。
2016年12月3日
セクハラ事件続報 → 本事件が11/3付「週刊訪販ニュース」に掲載され、多数の方から問い合わせが入っておりますので、本頁に掲載いたします。なお、掲載にあたっては「週刊訪販ニュース」を発行する株式会社訪販ニュース社に連絡を取り、著作権法に基づき当HPに掲載する許諾を得ました。是非御一読ください。→ 訪販ニュース 記事1  訪販ニュース 記事2
2016年10月15日
セクハラ事件続報(被害者代理店が裁判所に提訴へ)→詳しくはこちら
2016年10月12日
先日、労働新聞3081号(平成28年9月19日号)に当ユニオンの鷹尾執行委員長の寄稿記事が掲載されました。是非ご高覧下さい。
2016年7月9日
ファイル一覧にシャルレユニオンニュース282016年6月29日(株)シャルレ株主総会組合員株主の質疑概要を追加しました。
2016年6月21日
T営業本部長のセクハラ発覚、会社隠ぺい 詳しくはこちら

本件セクハラ事件の公表にあたり、補足をさせていただきます。
セクハラ問題は、個人だけではなくその雇い主(会社)にも責任があるとの判例があります。つまり社内の教育体制や職場環境も問題だと裁判所は判断しています。公園や電車内で関係のない人を触れば痴漢です。個人の罪が問われます。しかし、本件は会社の社員という立場を利用(しかも本件は営業のトップ)したハラスメントです。個人の問題だけではなく会社の責任も問われる事案です。だからこそ被害者・目撃者から相談を受けた際、組合は団体交渉の場で会社に報告し、会社の姿勢を問いました。交渉の場で会社は、真摯に対応するので公表しないでほしいと組合に要請し、組合も本件による多方面への影響を鑑みてそれを受け入れました。しかし、その後の団体交渉で報告を求めたところ、コンプライアンス委員会での結論をもって会社はセクハラにはあたらないと結論付けたと明言し、説明を求めても義務的交渉事項ではない、の一点張りで一方的に話を遮ってしまう状況になってしまいました。組合としても、営業のトップによるセクハラ行為が間違いであってほしいと願っていましたが、はからずも目撃者の中には代理店だけでなく特約店も存在していました。会社の人間が代理店の体に意図的に触れ、不快な思いをさせたのであれば、きちんとそれを認め、会社が厳正に対処するのは当然と組合は考えます。しかし、会社はセクハラにはあたらないと結論付けました。繰り返しになりますが、意図的に女性の体に触れ、不快な思いをさせているにもかかわらず、セクハラではないと会社は明言しています。この会社の判断を組合は看過できません。そもそもそのような行為をしていないと言っているのであれば、被害者・目撃者の証言と大きく食い違います。また、このような行為があったと言っているのならば、その行為がセクハラではないと明言する根拠が不明です。いずれにしても今の状況は明らかに職場環境の劣化につながるもので、当然この件は義務的交渉事項と組合は考えます。以上の経緯から、組合は本件セクハラ事件について、このままでは被害者がいるにもかかわらず、何も無かったこととする姿勢は社会的に許されるはずもなく、よい会社となるべく内々で交渉しようとしましたが、それも打ち切られてしまったので、早期改善を願い止むを得ず公表に至った次第です。

2016年5月24日
ファイル一覧にシャルレユニオンニュース27を追加しました。
2016年5月5日
4月27日衆議院厚生労働委員会にて民進党の大西健介議員から塩崎厚生労働大臣への質疑の中で、シャルレの600万円未満代理店の解約問題が取り扱われました。シャルレ代理店ユニオンがこれまで何回となく会社に対して窮状を訴え、団体交渉を求めたにもかかわらず、会社がかたくなに交渉を拒んだ事実が述べられています。今回、国会審議にまで600万円未満代理店の解約問題が上程されたのは、会社のこれまでの硬直的な対応に穏健な連合がとうとう堪忍袋の緒を切らせた結果と分析しています。大西健介議員の質疑は、シャルレ代理店ユニオンのHPよりご視聴ください。
2016年4月17日
ファイル一覧にシャルレユニオンニュース26を追加しました。
2016年3月14日
前回ご紹介いたしました「週刊訪販ニュース」のシャルレ600万円未満代理店の契約不更新に関する記事の続きが、同紙の2月18日号2月25日号3月3日号3月10日号に掲載されました。これらの記事に関しても問合せが入っておりますので、本頁に掲載いたします。なお、掲載にあたりましては、「週刊訪販ニュース」を発行する(株)訪販ニュース社に事前に連絡を取り、著作権法に基づき当HPに掲載する許諾を得ております。是非ご一読ください。
2016年2月17日
昨年来、シャルレ代理店ユニオンが東京都労働委員会に救済を申し立てている600万円未満の代理店の契約解除問題が、2016年2月11日発行の「週刊訪販ニュース」に記事として取り上げられ、多数問い合わせが入っておりますので、本頁に掲載いたします。なお、掲載にあたりましては、「週刊訪販ニュース」を発行する(株)訪販ニュース社に事前に連絡を取り、著作権法に基づき当HPに掲載する許諾を得ております。是非皆様ご一読ください。
2016年2月13日
ファイル一覧にシャルレユニオンニュース25を追加しました。
2015年11月21日
ファイル一覧にシャルレユニオンニュース24を追加しました。
2015年11月1日
ファイル一覧にシャルレユニオンニュース23を追加しました。
2015年8月11日
ファイル一覧にシャルレユニオンニュース22を追加しました。
2015年7月15日
株式会社訪販ニュース社が発行する「週刊訪販ニュース」の2015年6月11日号にて、シャルレによる代理店契約解除の件が記事で取り上げられました。この記事に関して、多方面からユニオンに問い合わせがありましたので、株式会社訪販ニュース社に連絡を取り、著作権法に基づき当HPに掲載する許諾を得ました。是非御一読ください。→ 訪販ニュース 記事1  訪販ニュース 記事2
2015年6月24日
本日6月24日、私達の兄弟ユニオンであるシャルレ代理店ユニオンも、「600万円未満代理店解約の撤回」を求めて東京都労働委員会に対して救済申立を行ったとのことです。詳しい情報が入り次第またお知らせします。
2015年5月21日
ファイル一覧に平成27年3月期決算に対する質問書を追加しました。
2015年5月21日
ファイル一覧にシャルレユニオンニュース21を追加しました。
2015年5月7日
私たちシャルレユニオンは、昨年来、「600万円未満代理店に対する会社の一方的解約措置の撤回」等を求めて団体交渉を行ってきましたが、義務的団体交渉事項であるにもかかわらず、会社は一貫して交渉を拒否してきました。これは明らかな不当労働行為です。このままでは解決の糸口が見つからないので、私たちシャルレユニオンは、今般、「東京都労働委員会」に対し「救済申立」を行いました。(今回の救済申立は一昨年に続き2度目となります。なお、申立件数では4件目となります。)第1回調査は6月9日です。「救済申立書」はこちら→「救済申立書」
2015年3月11日
ファイル一覧にシャルレユニオンニュース20を追加しました。
2014年12月27日
ファイル一覧にシャルレユニオンニュース19を追加しました。
2014年11月10日
2014年11月1日付で「シャルレ事業回復策要求書」を提出しました。   → 「シャルレ事業回復策要求書」はこちらです。尚、この要求書の内容は、2014年12月10日の団体交渉で交渉予定です。
2014年11月6日
先般XX支店長の不正につき、ユニオンから会社に対し「懲戒申請書」を提出しましたが、会社は懲戒の有無及び懲戒内容について回答を拒否しました。このことは、一部経営者との癒着と不正の隠蔽である可能性が強いため、「懲戒申請書」を公開し事実を明らかにすることにより、皆様の信を問いたいと思います。 → 「懲戒申請書」はこちらです。
2014年11月4日
ファイル一覧にシャルレユニオンニュース18を追加しました。
2014年10月30日
2014年10月16日に神戸地裁で判決が下された「シャルレMBO事件」について、会社がノーコメントの姿勢を取っているため、ユニオンに社内外から多数の質問が来ております。つきましては、当方の事務削減の観点から、事件の経緯をまとめた説明文を掲載いたしますので、ご興味のある方はこちらをご覧ください。
2014年10月2日
【シャルレ従業員の皆様へ】シャルレユニオンは発足して以来3年経過し、これまでの活動と今後の活動方針について、ファイル一覧に掲載したシャルレ従業員の皆様へにとりまとめましたので、是非ご高覧ください。ご賛同くださる方々の新規ご加入を心からお待ちしております。
2014年10月2日
【シャルレユニオンのメルアドについて】以前にもお伝えしましたが、シャルレユニオンのメールアドレスは次の通りですので、ご質問等ある方は遠慮なく気軽にお便りください。秘密は厳守いたします。なお、会社貸与のパソコンや会社貸与の携帯電話からのご発信はご遠慮くださいcharle_union_keijiban@yahoo.co.jp
2014年9月16日
ファイル一覧にシャルレユニオンニュース17を追加しました。
2014年8月25日
昨年来労働委員会の審問・調査を重ねてきましたところ、先般労働委員会から和解の提案を受けました。組合内部で検討しましたところ、会社側の譲歩が見られることから和解することといたしました。しかしながら、会社から公表を差し控えてもらいたい旨申し出がありましたので、和解の具体的内容は組合員のページに掲載することといたします。今後も健全な労使関係の発展に邁進する所存です。なお、これと併せて会社から本件申立書及び公開質問状、会社回答書についても掲載停止の要請がありましたのでこれらについても組合員のページに移すことといたします。
2014年6月15日
御礼とご報告。2014年5月28日のご質問・お問い合わせコーナーの開設以来本日までで23件のメールをいただいております。秘密厳守はもちろん、丁寧な応対を心掛けておりますので引き続きお気軽にご質問、お問い合わせください。
2014年6月15日
ファイル一覧にシャルレユニオンニュース16を追加しました。
2014年6月3日
2014年5月24日にシャルレユニオン第三回定期大会を開催いたしました。ファイル一覧に第三回定期大会議案書(抜粋)を追加いたしました。尚、2014年度の執行部体制は現執行委員に加え、あらたに山本信吾氏が副執行委員長として選任されました。
2014年5月28日
シャルレユニオン専用のメールアドレスをご用意しました。ご質問・お問い合わせはこちらまでお願いいたします。秘密は厳守いたします。安心してお問い合わせください。
2014年5月18日
人事からの申し出により2014年3月22日掲載のシャルレユニオンニュース臨時号(不当解雇)の件を執行部で検討したところ、会社と闘うことが目的の全てではないという判断により、今回の臨時号のみ組合員のページに移すこととしました。しかし当件についての交渉は当初の方針通り継続してまいります。
2014年4月30日
ファイル一覧にシャルレユニオンニュース15を追加しました。
2014年3月22日
3月17日不当解雇行われる!ユニオンは徹底抗戦!              ファイル一覧にシャルレユニオンニュース臨時号(不当解雇)を追加しました。
2014年3月5日
ファイル一覧にシャルレユニオンニュース14を追加しました。
2014年2月21日
ファイル一覧に福岡問題に対する不当労働行為救済申立書を追加しました。
2013年12月21日
ファイル一覧にシャルレユニオンニュース13を追加しました。
2013年11月9日
ファイル一覧に労働委員会に申し立てた人事評価に対する不当労働行為救済申立書公開質問状の回答に対する不当労働行為救済申立書を追加しました。
2013年10月5日
ファイル一覧にシャルレユニオンニュース12を追加しました。
2013年9月9日
ファイル一覧に公開質問状に対する会社からの回答書と、それに対する連合ユニオン東京とシャルレユニオンの連名で奥平社長宛に出した通知書を追加しました。
2013年8月28日
ファイル一覧に8月9日の会社とシャルレ代理店ユニオンとの話し合いにおける北村取締役の発言に対して、連合ユニオン東京とシャルレユニオンの連名で出した公開質問状を追加しました。
2013年8月11日
ファイル一覧にシャルレユニオンニュース11を追加しました。
2013年6月22日
ファイル一覧に2013年度活動方針を追加しました。
2013年6月8日
ファイル一覧にシャルレユニオンニュース10を追加しました。
2013年3月20日
ファイル一覧にシャルレユニオンニュース9を追加しました。
2012年12月1日
ファイル一覧にシャルレユニオンニュース8を追加しました。
2012年10月18日
組合費の改定についてを追加しました。(ステージ3までの方は組合費を3,000円/月 → 2,000円に引き下げました。)
2012年10月10日
メンバーサポート本部に営業政策要望書を提出しました。
2012年8月30日
ファイル一覧にシャルレユニオンニュース7を追加しました。
2012年4月12日
ファイル一覧にシャルレユニオンニュース6を追加しました。
2011年12月19日     
ファイル一覧にシャルレユニオンニュース5評価基準についてを追加しました。
2011年11月8日
ファイル一覧にシャルレユニオンニュース4組合費についての説明を追加しました。
2011年9月22日
サイトをオープンしました。                     
このページの先頭へ

シャルレユニオン 所在地


108-0023
東京
都港区芝浦3-2-22
   
田町交通ビル2F

連合ユニオン東京

TEL 03-5444-0538
 
FAX 03-5444-0303 
担当:古山 修